大阪府堺市泉北ニュータウンにある、カウンター席のみの、フレンチ レストランマヴィのシェフのブログです。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クロソイのポワレ、フヌイユをきかせたソース

39566149_211.jpg


これはディナーコースの魚料理にだしているものです。


クロソイはフィレにし、塩コショウをしてオリーブオイルでポワレ
(フライパンで焼く事)しました。


ソースは、クロソイの骨でフュメ・ド・ポワソン(魚のだし汁)をつくり、
それを煮詰め、そこに、フヌイユ(ういきょう)の葉をみじん切りにしたものと
ポマード状にしたバターをあわせて冷やし固めたものを入れて乳化させました。


付け合せは、フヌイユを薄切りにしたものをオリーブオイルで炒めて
ブラックオリーブのみじん切りと、
鶏の首ずるを煮込んで作っただし汁を入れて
軽く煮て、少量のバターを入れたものを添えました。


仕上げにピンクペッパーをふりかけました。


堺市泉北のフランス料理店 カウンターフレンチ レストランマヴィ

スポンサーサイト
牛ほほ肉の赤ワイン煮
牛ほほ肉と2cm角ぐらいに切ったミルポワ(香味野菜 玉ねぎ、人参、セロリ、ニンニクなど)を赤ワインで一日マリネにします。
肉とミルポワを取り出し、肉は強火で焼き表面に焼き色を付け鍋に入れ、ミルポワも軽く焼き色を付けるように焼き、鍋に入れ赤ワインもいれます。
沸騰させ、アクを取り除き黒コショウ、白こしょう、コリアンダー、ローリエをいれフタをしてオーブンにいれて4時間ほど煮込みました。
煮汁はざるでこして煮詰め、軽くバターをいれて仕上げました。
付け合せは、エリンギと葉玉ねぎを添えました。


堺市泉北のフランス料理店 カウンターフレンチ レストランマヴィ
ホタテ貝柱のポワレ、ラディッシュのソース
ホタテの貝柱は生で食べられる、新鮮なものを使用し、オリーブオイルをひいたフライパンで、火を完全に入れないよう焼きました。
ソースは玉ねぎ、ラディッシュをバターでゆっくり炒め、鶏のブイヨンと生クリームをいれ軽く煮詰めて、ミキサーでまわしたソースです。
付け合せに人参のピューレを添えました。


堺市泉北のフランス料理店 カウンターフレンチ レストランマヴィ
フランス産 鳩のポワレ、肝をいれた、コクのあるソースで
フランス産 鳩のポワレ、肝をいれた、コクのあるソースで


これは、ディナーコースの肉料理で出している物です。
フランス産 鳩の胸肉ともも肉をフライパンで、フォアグラの脂とバターでこんがり焼き上げました。
ソースは鳩の骨をしっかり焼いた物と、ミルポワとを煮込んで、こして煮詰めた物に、鳩の肝を裏ごした物とコニャックを入れ、火を入れて、コクと濃度をつけたソースです。
付け合せはエリンギと人参のピューレを添えました。



堺市泉北のフランス料理店 カウンターフレンチ レストランマヴィ
Copyright © 2005 カウンターフレンチ レストランマヴィのブログ FC2編. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。